スポーツ障害について正しい知識を持とう!

スポーツをする上で万が一の時に役立つ必要な情報を紹介していきます。

*

スポーツ障害の治療は病院と整骨院のどちらが良いのか

野球によるスポーツ障害

スポーツ障害は外傷と障害に分かれます。捻挫、骨折、腱断裂、脱臼などの外傷、または出血や緊急の場合は、病院の整形外科でレントゲンを撮ってもらい、医師の指示に従うことが一般的です。骨折などは手術が必要な場合もあるので、適切な処置が必要になってきます。しかし、日々の練習によるオーバーユーズや外傷のリハビリなどは、事情が違ってきます。

◆PR◆ この打撃練習法で誰でも強打者に!菅谷幸一の飛距離UPプログラムDVDをご覧ください!

スポーツ障害における整形外科と整骨院の違い

整形外科では、X線検査や外科手術、投薬などの外科的治療ができます。それと同時に単なる痛み治療から、内科的な病気を発見することもあるので、総合的な判断が必要な場合は整形外科を受診してください。医療関係者からのお墨付きをいただいている神戸市 整骨院なら、安心して相談できると評判のようですね。

整形外科に通っているのに痛みがよくならない場合は、筋肉や腱や靭帯などの軟部組織に問題がある場合があります。その場合は、整骨院の治療を考えてみましょう。筋肉などの軟部組織はレントゲンには写らないので、実際に筋肉のコリやしこりを触って診断してもらわないと、体全体のアンバランスを見つけることは難しいのです。

スポーツ障害の場合、最初は軽い痛みであっても、放っておくとプレー中や、日常でも痛みを感じるようになります。さらに悪化するとオスグット、シンスプリント、テニス肘、疲労骨折など、使い過ぎ症候群へと発展してしまいます。遠方の方々も通っているという国分寺 接骨院は、オーダーメイド治療で効果を実感できることで支持されているそうです。

これらは特定の部位を酷使したために起こる症状ですが、一部分だけを診ても良くならないことも多いのです。そういう場合は整骨院で、体全体の筋肉のバランスを整えて、特定部分だけに力が集まらない治療や、血流を良くすることが必要になってきます。また、骨折等のリハビリ治療も整骨院でのバランス的治療の方が早く回復する可能性もあるのです。

公開日:
最終更新日:2016/08/17