スポーツ障害について正しい知識を持とう!

スポーツをする上で万が一の時に役立つ必要な情報を紹介していきます。

スポーツ障害は保険が適用されるの?

   

病院などの保険医療機関では、医師が診察し治療します。この場合はスポーツ障害に対して健康保険が適用されます。それでは、整骨院や接骨院ではどうでしょうか。

整骨院や接骨院での保険について

整骨院や接骨院では柔道整復師という国家資格を持った人が、骨接ぎやマッサージなどの施術を行います。ここでは医療行為であるレントゲン、手術、投薬はできません。したがって、整骨院と病院では違いがあるのです。

健康保険も適用外ですが、次の5つの項目にのみ適用することが出来ます。捻挫、打撲、挫傷(肉離れ)、骨折、脱臼です。ただし、四番目と五番目の骨折、脱臼に関しては、医師の同意がない場合は応急手当のみできることになっています。

本来ならば保険も本人が自ら請求して7割を戻してもらうのですが、大抵の整骨院では、患者さんの手間の煩わしさを軽減するために、患者に代わって請求する代行システムを採用しています。そのため患者本人は署名、捺印する必要があるので、記載事項の間違いを確認するためにも領収書は必ず保管しておきましょう。

5つの項目以外の筋肉痛、腰痛、リウマチ、けがの後遺症などについては、保険は適用されないので注意が必要です。骨折や脱臼の応急手当のあと、医師の同意なく続けている施術についても保険は適用されません。また、保険適用の病気であっても、病院と整骨院の同時利用の場合は病院の治療が優先的に保険適用になるので、同時に両方には使えません。病院での治療が終わってからなら、整骨院で保険を使うことが出来ます。

このようにすべてのスポーツ障害に保険が適用されるというわけではないので、よく確かめてから各機関を利用するようにしましょう。

 - スポーツ障害になってしまったら